平成21年度第2回定例会代表質問
平成21年度第2回定例会(本会議)におきまして、練馬区議会公明党を代表して代表質問を行ないました。
■エコポイントを活用してCo2削減を
1.環境対策を推進 グリーンニューディール

太陽光施設設置に対する総合計画の作成と積極的な取組みを主張しました。
省エネ家電効果をエコライフチェックに取り入れて区民に周知徹底すること、住宅断熱リフォームへの助成制度創設を提案しました。さらに、小学校等の校舎改築時にぬくもりのある木材等を活用推進することを求めました。
練馬区から改築時の教室木床化など前向
きな回答を得ました。



2.区民生活をサポート プレミアム付商品券

今年2回目の区内共通商品券の発売にあたり発売場所の拡充と周知方法の工夫を求めました。また発売に合わせて独自のキャンペーン等に取り組む商店街に対して支援を行うよう要望しました。使用期限6ヶ月の周知も求めました。
練馬区からにぎわい商店街支援事業補助金等の活用を呼びかけるなど積極的に取り組む回答がありました。










3.介護環境の改善を 地域で支える制度改善を

介護職員のスキルアップのために助成制度の改善を要望しました。
また、介護施設不足を解消するために定期借地権制度の活用を提案しました。
さらに御用聞き福祉の再開、今後増加が見込まれる男性介護者への支援を求めました。


4.健やかな老後を迎えるために 高齢者生活の充実を

若手高齢者の老人クラブへの入会促進、高齢者用ホームページの名称と内容の充実を要望しました。
また、軽度要介護者も安心して利用できるよう敬老館の体制を充実させることを求めました。


5.地産地消も推進 農地を残すまちづくりを

練馬区内の農地を残す環境整備に取り組み、都市計画制度の中で農地を保全するなど、農業振興に対する取組みを強化することを求めました。
積極的に取り組むとの回答がありました。


6.長期的・全区的視点で 学校跡地の価値的利用を

学校適正配置に伴う学校跡地の活用を長期的展望に基いて行うことを求めました。
跡地利用を検討する新組織の設置、学校利用者への周知徹底、病院の増床確保を見据えた有効活用を提案しました。


7.学校評議員等の充実・連携を強化 コニュニティ・スクールの導入を

新しい試みとしてコミュニティ・スクールの導入を提案しました。
また、学校巡回相談専門家チームの保育園等への導入、発達障がい児・親と療育機関との連携の強化を強く求めました。
さらにセカンドブック事業の早期実現を訴えました。




Copyright (C) 2008 内田ひろのり All Rights Reserved