平成29年度第1回定例会

2月21日(火)議会・総務費で
≪防犯・防火対策経費に関連して≫
1. 消防団活動の課題である団員の充足(若手の参加)について、ねりま区報に掲載し大きな実績が上がっている。引き続き、消防団の団員募集の特集記事を毎年、ねりま区報に掲載されたい。
2. 分団活動の拠点となる消防団分団本部が未設置のところには、学校施設が改築・改修される時に合わせ整備されたい。
3.消防団の機動力アップの観点から可搬ポンプ積載車が、配備されていない分団に早期整備される様、東京都に要望されたい。
4.住宅用火災報知機の電池切れ等について、点検・交換をねりま区報で周知されたい。
5.東京都大田区で導入している同時に数百万人への情報提供が可能な電話応答サービスを早期導入されたい。

≪職員人件費・職員研修費について≫
1.一斉退庁や「ノー残業デー」の取組みをさらに進められたい。
2.職員が適度な休暇を取り仕事へのやる気をつなげるよう有給休暇取得を奨励されたい。
3.育児と介護の両立支援制度を整備されたい。
4.再任用職員の力を最大限に発揮し、区民サービスを向上されたい。

2月24日(金)保健福祉費で
≪ひとり親家庭自立応援プロジェクト経費について≫
1.ひとり親家庭支援のため、国家資格を取得し数年間就労した場合は、「高等職業訓練促進給付金等事業」や専門学校入学金の返済を免除されたい。
2.離婚前でも専門的なアドバイザーから、離婚や離婚後のライフプラン等についてのアドバイスが受けられる体制を図られたい。新設される「ひとり親家庭支援係」を周知されたい。
3.養育費や面会交流の取り決めが進める為に、区の法律相談や東京都との連携強化とともに、弁護士も含めた区独自の相談体制を築かれたい。
4.ひとり親家庭ニーズ調査から要望の高かった住宅支援策を進められたい。

≪歯科衛生対策費について≫
1.小学校給食後の歯みがきを励行されたい。
さらに学校歯科医のもと、口腔ケアや歯科衛生の予防指導も実施されたい。
2.日本人の平均寿命は80歳を超えて長寿化している。歯の寿命が追いつくよう「8020運動」の目標を「10020運動」に拡大されたい。

■3月1日(水)こども家庭費で
≪放課後子ども総合プラン推進等経費について≫
1.早期に学童クラブの待機者をゼロにされたい。
2.放課後の全児童対策として「ねりっこクラブ」を推進する際、地域や学校応援団、学童クラブの皆さんの声を聞きながら丁寧に開設されたい。
3.ねりっこクラブを今後10年程度で全校に設置されることを評価する。
小学校内に学童クラブない学校にねりっこクラブを設置されたい。
4.多くの待機児童を出ている小学校や小学校1年生でも待機児童となる小学校にねりっこクラブを早期開設されたい。
5.学校応援団ひろば事業や学童クラブの関係者との調整であるコーディネーターを増員されたい。

≪学童クラブ維持運営費について≫
1.児童館の閉館時間を指定館においては、午後7時閉館を延長されたい。
2.児童館の持つ役割も中高生の居場所へと大きく変化している。こどもの地域拠点として、機能を強化されたい。

≪青少年育成活動経費について≫
1.青少年育成地区委員会活動は、区からの育成活動委託料によって運営されている。小規模の地区への育成活動委託料の増額を検討されたい。

■3月7日(火)全款補充2日目
≪農業振興経費について≫
1.農薬を削減する認証生産者制度に基付き「東京エコ25」や「東京エコ50」の標識看板を作成し、農地に設置されたい。地域住民に周知されたい。

■3月8日(水)本会議で「北朝鮮のミサイル発射に抗議する決議」を採決!
午後1時からの本会議で、平成28年度練馬区一般会計補正予算を始め、4特別会計補正予算が採決された後に、3月6日に北朝鮮が日本海に向けて発射した弾道ミサイル4発を発射の暴挙に対して、「北朝鮮のミサイル発射に断固抗議する決議」が提案された。
全会一致で採決されると考えていたが、今回も3名の区議が反対した。



Copyright (C) 2017 内田ひろのり All Rights Reserved